慰謝料の金額の決定基準

浮気が原因の離婚の際の慰謝料の金額の相場というものはありません。100万円から500万円という説がありますが、30万円から50万円という事例も存在します。

一方で、芸能人やスポーツ選手などの離婚の際の慰謝料が、千万単位または億単位となることも珍しくありません。ここでは、浮気が原因となる離婚に関する慰謝料の金額の決定基準について解説していきます。

婚姻期間

結婚してから離婚に至るまでの婚姻期間がどの程度あるのか?によって、慰謝料の金額が変動します。例えば、結婚してから1年の夫婦と10年の夫婦では、10年の夫婦の方が慰謝料の金額が高くなる傾向があります。

離婚をしない選択

パートナーの浮気が発覚したけれど、婚姻関係を解消せずに継続するという選択をした場合、浮気相手に請求する慰謝料は、離婚した場合よりも低い金額になるようです。

浮気相手の経済状況

浮気による慰謝料の請求では、浮気相手の経済状況も大きく影響します。企業で正社員として働いている人と非正規社員では、年収に違いがあることから、慰謝料の金額は、「正社員>非正規社員」となる可能性があります。

仮に浮気相手が未成年者の学生だった場合、慰謝料は、アルバイトで支払える金額となるか、「0円」となるケースが考えられます。

一方で、事業を営んでいる経営者や、高額収入が期待できる職業に就いている浮気相手であれば、慰謝料が高騰する可能性があります。あくまでも浮気相手の支払能力によって、慰謝料の金額が変わるということです。