財産分与について

パートナーの浮気が原因で離婚した際に、慰謝料の他に発生するお金として、財産分与があります。財産分与とは、「夫婦の共有する資産の全額の半分」がもらえる権利です。

財産分与の対象となる資産

財産分与の対象となる資産には、現金や預貯金、株式などの有価証券、家や土地などの不動産、家具や家電、年金などがあります。

夫婦共有の資産ということが前提のため、結婚前から所持している資産に関しては、財産分与の対象として扱われることはありません。

それから財産分与の対象となる資産には、借金も含まれます。仮に結婚してから購入した家のローンが離婚時に残っているようなら、基本的には「半分ずつ支払う」ことになります。

ただし、財産分与では、夫婦の話し合いによって、ローンの支払いの割合を変更することも可能となっています。

除斥期間

除斥期間とは、財産分与が可能な期間です。離婚した日から数えて2年間と定められています。仮にこの間に財産分与が行われないようなら、「財産分与請求権」が失われます。

とはいえ、財産分与請求権がなくなったとしても、その後の話し合いや訴訟によって、財産分与の請求をすることはできます。

財産分与で発生する税金

財産分与で発生する可能性のある税金には、不動産や株式などを売却した際にかかる譲渡所得税と、資産を受け取った側にかかる贈与税です。

譲渡所得税は、購入金額よりも売却金額の方が多かった場合に納めることになります。贈与税は、年間に110万円を超える金額を受け取った際に納める税金です。